マンション1棟買いは築10年目のマンションが狙い目

お金

トラブルにも対応可能

男女

不動産投資のリスクを避けたい人は家賃保証会社を利用しましょう。特にインカムゲイン方式の不動産運用は、空き室が発生すると利益が下がってしまいます。入居者募集の広告を出す際も、個人では多額の費用がかかってしまいます。家賃保証を利用することで、そのような不安も解消できるのです。
管理会社に入居者の管理を依頼する家賃保証は、空き室があったとしてもその家賃を負担してもらえます。また、運用や管理も一任できるので、アパートやマンション経営をしたことが無い人でも、運用が可能になるのです。アパートやマンション経営には、入居者の家賃未払いや近隣トラブルといった事態が多々起こります。それらの対応も家賃保証会社に一任できるので、スムーズな対応が可能になるでしょう。家賃保証の保証対象はあくまでも家賃のみになります。電気代や水道代などは、大家が負担する必要があります。
しかし、家賃保証会社の利用には注意も必要です。特に不動産会社やハウスメーカーの家賃保証サービスを利用する場合は、入居者を確保するため家賃が下げられる可能性があります。その分収入も減ってしまうため、返済プランに影響を及ぼす恐れがあるのです。業者によっては現状回復工事にかかる費用が水増し請求されたケースもあります。
失敗のない不動産投資を行なうためにも、説明会やセミナーなどの利用が勧められます。悪徳業者による被害事例も聞くことができるので、家賃保証を利用する際の参考になるでしょう。