マンション1棟買いは築10年目のマンションが狙い目

お金

共同出資型の不動産投資

ウーマン

現在では資産運用に関する関心も高まっており、株やFXに乗り出す人も多くなっています。しかし、資産運用の方法によっては、高額の負債を抱える恐れがあるため、専門の知識が無い人には難しいでしょう。比較的、安定した利回りが回収できるとして、不動産投資の人気が高まっています。不動産投資にはマンション購入して、家賃収益を得る方法があります。そのためにも、物件や家賃相場を適切に把握することが求められます。家賃相場よりも偏った料金設定をしてしまうと、入居者が入らずに赤字となる恐れもあるのです。そのようなことにならないためにも、家賃相場や不動産の市場動向に詳しい専門家のサポートを利用すると良いでしょう。家賃相場といった知識が無い人は、共同出資型の不動産投資がおすすめです。共同出資による不動産投資は、少額投資から参加することができます。また、安定した配当金が受け取れるので、資産運用方法として非常に信頼ができるのです。しかし、共同出資型の不動産投資は利回りが6%ほどと少額です。そのため、高額配当を希望する人は、キャピタルゲイン方式の不動産投資を選択すると良いでしょう。
大手の不動産投資会社では、元本割れを一度も起こしたことの無い会社も幾つかあります。損益率が20%以内であれば、不動産投資会社が損益を負担するため、個人投資家には負担がかからないのです。利幅が少ない共同出資型の不動産投資ですが、安定性を考慮すると銀行に預けるよりもお得です。